オフレコセレクション 提供結果

2019年7月第3週

----------------------------------
函館2歳S週【オフレコセレクション】
〜週末見聞録〜
執筆
オフレコ情報管理本部 本部長
沢峰次
-----------------------------------

参院選挙に、芸人の暴露会見などが行われ、世間全体が慌しかった今週末も、いつも通り、中央競馬は行われました。

福島、中京、そして函館の3場すべて締め括りとなった今週の土日2日間でしたが、[オフレコセレクション]では、【潜伏黙殺】の対象であった中京12Rの3連複的中に続き、福島12Rでは3連単的中と、中京と福島の最終レースを的中で締め括り、仕留めるべきところを仕留めて、3場のオーラス週を終えました。

ただし、今週の[オフレコセレクション]では、重賞「中京記念」で的中をお届けすることができなかったことは本当に残念。

会員の皆様には言うまでもないとは思いますが、「レースの格」と「勝負度合い」はもちろんイコールではありませんから、ただ重賞だからという理由で閲覧されるという方はいらっしゃらないとは思いますが、競馬ファンの多くの方が「重賞」に注目されるのはごく自然なことです。

ですので、「中京記念」の的中を経て、最終レースの連続的中で、このオーラス週を締め括ることができれば、なお良かったわけでして、「終わり良ければ全てよし」というわけには、まいりません。

この悔しさは、次週以降の開催での重賞で晴らす所存です。

そんな中で、7週連続の的中を記録した【潜伏黙殺】の精度の高さには、改めて感心させられたのが、本日の中京12R。

担当[馬主情報部]
7月21日(日)
中京12R「3歳以上1勝クラス」
1着◎11 シトラスノート(1番人気)
2着◯15 メイショウキョウジ(2番人気)
3着△7 ノーブルアース(8番人気)
3連複5540円的中!

見解でも述べられていたように、
2012年 セントウルステークス
1着【母】エピセアローム
2着【父】ロードカナロア

7年前のセントウルステークスでワンツー決着の父と母の配合馬ということで、ロードカナロア産駒の1頭として、「1勝クラス」だったとはいえ、レースの格以上に、中京の芝1400m戦での活躍に注目されていました。

ロードカナロア産駒の良血注目馬では、先週の7月13日(土)の函館8Rにも出走しておりました。

担当[シンジケート部]
7月13日(土)
函館8R「3歳以上1勝クラス」
1着◎6 カレンモエ
2着○11 スズカフェラリー
3着☆8 エンジェルカナ
3連単3410円的中!

2012年のセントウルステークスのあとに行われたスプリンターズステークスで、ロードカナロアは初めてGI馬となったわけですが、

2012年 スプリンターズステークス
1着【父】ロードカナロア
2着【母】カレンチャン

このスプリンターズステークスで、ワンツーとなっていた2頭の仔が先週勝った◎カレンモエです。

いずれも「1勝クラス」ということで、重賞やメインレースと比べると注目されにくいレースではありますが、夏のローカルの条件戦にも、先々素質が開花してくるであろう【先物買い】【先行投資】する価値のある能力馬、素質馬が潜んでおります。

競馬はブラッドスポーツとは、よく言ったもので、「血の継承」の裏では、様々な利権が絡み合っているからこそ、大事に育てられている馬は、無駄な消耗をさせないように戦略的な出走計画のもとで、『叩き台』でダメージを残さないようにするところと、『勝負』に行くところがハッキリとわかれていたりします。

夏競馬は、このような【先行投資】する価値のある馬が、たくさん隠れており、そのような馬を見つけることで、「勝ち」に繋がりやすい時期でもあるため、次週以降の[オフレコセレクション]の提供で、指定されているレースの背景や、抜擢された軸馬には注目し続けていただきたいと思います。

最後に、今週のラストを飾ったのは、

担当[調教・解析部]
7月21日(日)
福島12R「3歳以上1勝クラス」
1着◎6 サニーストーム(1番人気)
2着○5 サトノユニゾン(3番人気)
3着△4 シャイニングカフェ(8番人気)
3連単6690円的中!

[調教解析部]が福島12Rで3連単6690円的中を仕留めて、オーラス週最後を締め括ることができたわけですが、この勢いをとめることなく、次週の「新潟」「小倉」「札幌」開幕週を迎え撃ちますので、次週の[オフレコセレクション]の公開も楽しみにお待ちください!

開幕週初日の最初の提供は、果たして、どの情報部が初陣を飾るのか。
【潜伏黙殺】を探し当てることと同時に、調子の良い[情報部]の提供に注目いただき、積極的に参加いただきましょう!

今週の見聞録は以上となります。