オフレコセレクション 提供結果

2021年4月第2週

----------------------------------
桜花賞週【オフレコセレクション】
---週末見聞録---
執筆
オフレコ情報管理本部 本部長
有村直人
-----------------------------------

会員の皆様、こんばんは!
オフレコ情報管理本部の本部長を務めさせていただいております、有村直人(アリムラナオト)と申します。

今週末は土日ともに天気に恵まれ、競馬が開催された3場いずれも良馬場での開催となりました。とりわけ阪神競馬場では「第81回桜花賞(GI)」が開催されるとあって、競走馬にとってはまさに"晴れの日"という日を好天で迎えられたことは、それだけでも喜ばしいことですね。なにせ、クラシックトライアルが行われていた3月は週末に限って雨が降る、ということが毎週のように起こっていましたからね。
東京都心の話ではありますが、土日とも0.5ミリ以上の雨が降らないのは6週間ぶりだそうで、如何に天候に恵まれていなかったかがおわかりいただけるかと思います。

さて、その「桜花賞」は"あの馬"が見事勝利する結果となりました。
先週この場で"あの馬"とあえて名前を濁したソダシですが(もちろん予期していたとかそんなことではなく、黙殺情報的配慮のもと濁したまでですが)、この「桜花賞」優勝でまた多くの記録を打ち立てました。"芦毛は走らない"と言われなくなってもう久しいですが、より希少な白毛馬がクラシックに出走するだけでなく勝ってしまうとは、少し前までは考えられませんでしたよね。
この結果を陣営はもちろんですが、何より喜んでいるのはJRAでしょう。「ベルばら」とのコラボやCMなどで明らかに意識させられた白い馬が実際に勝ち、報道やネットのトレンドとなって様々な人の目に触れる。「桜花賞」の馬券売り上げだけでなく、今後の集客に向け最上の結果となったことでしょう。

と、「桜花賞」の話が長くなってしまいましたが、今週のオフレコセレクションで最も注目を集めていたこのレースから振り返ります。

◇パトロンルート『馬主コレクション』
4月10日(土)
阪神11R「阪神牝馬ステークス」[潜伏黙殺]
1着◎10 デゼル(1番人気)
2着○4 マジックキャッスル(2番人気)
馬連680円的中!

重賞というだけでなく、日曜日の「桜花賞」と酷似した条件だけに大方の予想通り【潜伏黙殺】だったこの一戦。配当はそこまででしたが、印通りの社台レースホース所有馬ワンツーという結果で、大きな意味がありそうな的中となりました。

配当で言えば、エージェント情報部が2日連続で高配当をお届け!

担当[エージェント情報部]
4月10日(土)
中山10R「船橋ステークス」
1着○6 アヌラーダプラ(3番人気)
2着◎14 スワーヴシャルル(2番人気)
3着△12 クーファウェヌス(6番人気)
3連複6230円的中!

担当[エージェント情報部]
4月11日(日)
新潟8R「4歳以上1勝クラス」
1着☆6 ヘルメット(5番人気)
2着◎10 メシアン(3番人気)
3着△2 サノノクヒオ(6番人気)
3連複5800円的中!

土曜日は横山兄弟、日曜日は若手騎手と、エージェント情報部らしい的中となりました。この競馬一家や評価の分かれる減量騎手という要素は、エージェント情報部の得意とする部分だけに今後も要注意ですね。
いずれも後半のレースとあってご覧いただいていた方が多かったようですが、それを超える配当が日曜日新潟8Rの直後に出ました!

担当[馬主情報部]
4月11日(日)
中山8R「4歳以上1勝クラス」
1着○6 フラッフィクラウド(1番人気)
2着▲7 コスモオリ(5番人気)
3着△9 リンガスウォリアー(7番人気)
3連単1万6860円的中!

本命馬は5着に沈んだものの、馬券上同格に扱った対抗馬がしっかりと役目を果たし3連単1万6860円の万馬券をお届け!
2月にも3万馬券を的中させた馬主情報部ですが、このあたりの抜け目のなさが好結果を生んでいるのでしょうね。
これらのレースを含め、日曜日は「桜花賞」への布石のように午後のレースで的中ラッシュとなり、多くの会員様に軍資金を増やしていただけたのではないでしょうか。

さて、「桜花賞」が終われば、当然次は「皐月賞」ということになりますね。2年連続で無敗の桜花賞馬が誕生したとなれば、牡馬にもいろいろと期待してしまう気持ちもありますが、果たしてどうなるか。来週末は雨の予報も出ており、ここまでのトライアルの流れが影響を及ぼしそうですね。
他にも「NHKマイルカップ」のトライアルである「アーリントンカップ」や、オジュウチョウサンが5連覇中の「中山グランドジャンプ(J・GI)」など、計4重賞開催と盛り沢山の来週末!
そして今週から5月4週の「オークス」週まで続く新潟開催も開幕。ローカルお馴染みである若手騎手らの活躍だけでなく、福島からの代替開催という事情も含め、妙味のあるレースが潜んでいることは言わずもがな。今後の[オフレコセレクション]にも、皆様ぜひ引き続きご注目ください!


それでは本日の回顧は以上とさせていただきます。