オフレコセレクション 提供結果

2021年4月第3週

----------------------------------
皐月賞週【オフレコセレクション】
---週末見聞録---
執筆
オフレコ情報管理本部 本部長
有村直人
-----------------------------------

会員の皆様、こんばんは!
オフレコ情報管理本部の本部長を務めさせていただいております、有村直人(アリムラナオト)と申します。

『さて、「桜花賞」が終われば、当然次は「皐月賞」ということになりますね。2年連続で無敗の桜花賞馬が誕生したとなれば、牡馬にもいろいろと期待してしまう気持ちもありますが、果たしてどうなるか。』

これは先週の締めに書いた一言。もちろん予想などではなく、ただまっさらな気持ちで書いたことですが、今週も凄まじい結果が待っていましたね。「第81回皐月賞」はエフフォーリアが勝ち、先週のソダシに続いて、これで牡馬でも2年連続無敗での「皐月賞」戴冠となりました。鞍上の横山武騎手は皐月賞初騎乗でGI初制覇。しかも22歳という若さでのGI優勝と、これまで新人騎手の活躍をよくお伝えしましたが、5年目の先輩も負けていませんね。
今年のクラシックの主役となった2頭ですが、むしろここがスタート。昨年のことを考えれば当然期待値は高く、このひと月は各陣営の動向も含め目が離せませんね。

さあその「皐月賞」があった今週の中山は、土曜日にもJ・GIの「中山グランドジャンプ」が開催。しかもこちらは、オフレコセレクションでの提供も行われました。

担当[調教・解析部]
4月17日(土)
中山11R「中山グランドジャンプ」
1着○6 メイショウダッサイ(1番人気)
2着 2 ケンホファヴァルト(5番人気)
3着▲3 タガノエスプレッソ(3番人気)
不的中

結果は本命馬が5着の不的中であり、ただ残念としか言いようがない結果でしたが、その本命馬があのオジュウチョウサン。ここまで同レースを5連覇していた障害王者ですが、昨年世間をざわつかせた敗戦からの巻き返しは叶いませんでした。この結果で引退も囁かれている同馬ですが、陣営はリベンジに燃えるコメントも残しており、果たしてどうなるのかこちらも楽しみですね。
ちなみに3着馬タガノエスプレッソの鞍上は、予定していた平沢騎手が4Rの障害戦で落馬負傷したため植野騎手に変更。この番組編成にファンからは批判の声も上がっていましたが、どうやらこれは福島開催が新潟に変更になったことの煽りだそうで、JRAとしても致し方ない部分があったようですね。

その新潟開催では、土曜日の7Rで女性騎手が1〜3着を独占し、これがJRA史上初ということで話題になりました。彼女たちの最近の活躍ぶりを考えれば、2度目以降がいつ起こっても不思議はないですね。彼女たちから女性騎手という枕詞がなくなるような時がくれば、ますます競馬界にとって良い風が流れることでしょう。

担当[馬主情報部]
4月17日(土)
新潟4R「3歳未勝利」
1着◎4 レコレータ(2番人気)
2着○15 ゴールデンプルーフ(1番人気)
3着 11 サノラカ(12番人気)
不的中

こちらは、その土曜日の新潟から提供のあった一戦。1・2着は印通りと完璧な予想でしたが、3着入線のサノラカ(12番人気)が抜けており不的中。

担当[エージェント情報部]
4月17日(土)
新潟6R「3歳1勝クラス」
1着☆7 セイウンゴールド(2番人気)
2着▲10 リフレーミング(1番人気)
3着 9 ネフュージュニア(16番人気)
不的中

さらにエージェント情報部提供のこちらのレースも、3着に最低人気のネフュージュニア(16番人気)が食い込む大波乱。4着には本命馬ケンアンビシャスが半馬身差と迫っていましたが、残された結果の上では惜しいなどという言葉は無意味でしかないですね。
ただこのように、今週の新潟開催は天候の影響もあってかかなりの荒れ模様。来週以降、オフレコセレクションの提供でどのような選択がなされるのかも注目です。

担当[エージェント情報部]
4月18日(日)
阪神11R「アンタレスステークス」
1着◎4 テーオーケインズ(1番人気)
2着○8 ヒストリーメイカー(2番人気)
3着△14 ロードブレス(6番人気)
3連複3430円的中!

さてそのエージェント情報部ですが、今週の提供の中で最も注目を集めたダート重賞「アンタレスステークス」では見事に的中をお届け!
先週も高配当連発のエージェント情報部でしたが、今週は重賞を的中と勢いに乗っており、今後にもますます期待してしまいますね。

◇流出ルート『談合背任インサイダー』
4月17日(土)
阪神10R「陽春ステークス」[潜伏黙殺]
1着△5 メイショウベンガル(2番人気)
2着◎8 ゴッドバンブルビー(7番人気)
3着☆6 ガンケン(1番人気)
3連複3940円的中!

そのオフレコセレクションで提供のあった2つの重賞を差し置いて、こちらが今週の【潜伏黙殺】となっていました。7番人気と世間的には低評価に甘んじた本命馬ゴッドバンブルビーでしたが、終わってみればクビ差の2着と勝ちまであったという内容。さすがの黙殺情報と言ったところでしょうか。

さて、来週はオークスのトライアルレースである「フローラステークス」をはじめ、それぞれ注目の重賞が3つ。GIの前哨戦となる「マイラーズカップ」と「福島牝馬ステークス」ですが、後者は開催が新潟となっていることも要注意ですね。
ここまでが4週連続のGI開催で、来週は各競馬場で重賞1つずつと少し寂しく感じるかも知れませんが、ちゃんとGIレースはありますのでご安心を!
4月25日(日)の香港チャンピオンズデーから、「チェアマンズスプリントプライズ(GI)」と「クイーンエリザベス2世カップ(GI)」の馬券発売が日本国内でも行われます。日本馬は計5頭が出走予定しており非常に楽しみですが、国内の競馬が終わる前に行われるレースもありますので、発走時刻等には十分ご注意ください。
もちろん海外だけでなく、今後の[オフレコセレクション]にも、皆様ぜひ引き続きご注目ください!


それでは本日の回顧は以上とさせていただきます。