オフレコセレクション 提供結果

2021年5月第1週

----------------------------------
天皇賞(春)週【オフレコセレクション】
---週末見聞録---
執筆
オフレコ情報管理本部 本部長
有村直人
-----------------------------------

会員の皆様、こんばんは!
オフレコ情報管理本部の本部長を務めさせていただいております、有村直人(アリムラナオト)と申します。

土曜日は驚きましたね。ちょうど阪神2Rの発走直前だったと思いますが、宮城県で最大震度5強の地震あり、東京でも一旦仕事の手を止めるくらいの揺れを感じました。この地震による津波の発生はなく、現在のところ大きな被害の情報も耳にしませんが、ここ数ヶ月東北地方で大きな地震が続いていて嫌な感じですよね。どうやらこれらの地震も東日本大震災の余震とのこと。しかもこれから先、さらに10年ほど続く可能性もあるとのことで、何とも恐ろしい話です。

福島から新潟への代替開催も、2月に起きた地震の影響によるもの。その福島競馬ですが、7月1週からの開催は予定通り行えるとの発表がなされました。ただし来場者の入るエリアは復旧作業にまだ時間がかかるため、夏季の福島競馬は無観客競馬での実施となるようです。
今週も東京競馬場と阪神競馬場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために無観客競馬となっていましたが、同じ無観客と言っても微妙に違いがある訳です。この件が直接影響する訳ではありませんが、馬券の上では如何なる些細な差でも、結果としては絶対的な違いになるものです。

担当[馬主情報部]
5月1日(土)
東京8R「4歳以上1勝クラス」
1着◎1 サクラヴァルール(2番人気)
2着○6 ミッキーパンチ(3番人気)
3着△8 スパングルドスター(4番人気)
3連複1580円的中!

土曜日に提供されたこちらのレースは、馬主情報部が示した見解通り本命馬が1着に入線。配当は振るわずも10点での提供となっており、しっかりとプラス収益をお届けしました。

担当[調教・解析部]
5月2日(日)
新潟11R「吾妻小富士ステークス」
1着◎8 サトノギャロス(1番人気)
2着△14 メイショウワザシ(5番人気)
3着△10 アッシェンプッテル(2番人気)
不的中

そして日曜日のこの一戦。同じく見解にあったように、終い一辺倒というレース運びではなく、3〜4コーナー中間で後方から5番手あたりに押し上げ、直線でもそのまま突き抜けての1着。となったのですが、2・3着には△評価の馬が並ぶタテ目の不的中であり、特にメイショウワザシは△評価一番手。そう言えば惜しいように聞こえますが、最終結論として下した評価がそうであった以上、どこまでいっても不的中という結果は変わりません。

恐らくその思いを皆様が最も感じたであろうレースが今週の【潜伏黙殺】。

◇流出ルート『捏造報道インサイダー』
5月2日(日)
新潟10R「しゃくなげ賞」[潜伏黙殺]
1着◎14 ドナウエレン(2番人気)
2着△1 クローリスノキセキ(8番人気)
3着△10 コスモサンレミ(11番人気)
不的中

着順に並んだのは上記の新潟11Rと同じ評価の馬であり、2着馬クローリスノキセキは△評価一番手という点も同じ。一路違えば残されたであろう3連複10万6780円という配当は、まさに『捏造報道インサイダー』の提供と言うべきものですが、それが実際にもたらされなければ意味はありませんね。

話は変わりますが、日曜日の阪神2Rで北村友騎手が落馬負傷し、その後のレースが全て乗り替わりとなりました。

担当[シンジケート部]
5月2日(日)
阪神3R「3歳未勝利」
1着△2 エイシンティップス(1番人気)
2着☆10 ゴットウェーブア(5番人気)
3着◎1 エリカブライト(2番人気)
3連複2520円的中!

その直後の阪神3Rで、本命馬に指名されていたエリカブライトの鞍上も北村友騎手を予定しており、川田騎手へ急遽の乗り替わりとなりましたが、さすがの腕で見事に本命馬の役割を果たす結果をもたらしてくれました。
病院に搬送された北村友騎手ですが、どうやら胸部打撲に、血気胸、肋骨骨折の疑いがあるそうで、この先の「宝塚記念」でクロノジェネシスとのコンビ継続のためにも、一刻も早い復帰を願うばかりです。
しかし乗り替わりでチャンスを掴むのも騎手の世界の常であり、今年の「天皇賞(春)」では、福永騎手が見事にそのチャンスを掴み取りましたね。

さてその「天皇賞(春)」で開幕した5月の競馬ですが、第2回阪神競馬はこれにて終了となり、関西の主場は中京競馬場へ切り替わります。来週行われる「京都新聞杯」を含め、複数の重賞が京都ではなく中京での開催となるので、注意が必要ですね。因みに、京都競馬場改修工事の影響を受ける関西圏ですが、昨年の開催日数と比べると中京競馬は3開催23日→6開催45日となっており、このことによって生じる様々な妙味はもちろん平場戦にも。各情報部の提供レースの選択も含め、楽しみにしていただければと思います。
ローカル開催は引き続き新潟になりますが、地震の影響で急遽福島からの代替開催となったのは今週までで、来週からはもともと予定していた第1回新潟競馬が第2回と名前をかえて行われます。これが些細な差か大きな違いか、皆様はどう思われるでしょうか。
そして何より気になるのは、来週から5週連続GI開催となる東京競馬ですよね。GIレースがオフレコセレクションで提供されることは無いでしょうが、これまでもGIと同条件のレースから万馬券が飛び出すなど、決して無関係ではないという印象を持たれている会員様も多いはず。メインレースの軍資金確保のためにも、今後の[オフレコセレクション]に皆様ぜひ引き続きご注目ください!


それでは本日の回顧は以上とさせていただきます。