オフレコセレクション 提供結果

2021年7月第2週

----------------------------------
七夕賞週【オフレコセレクション】
---週末見聞録---
執筆
オフレコ情報管理本部 本部長
有村直人
-----------------------------------

会員の皆様、こんばんは!
オフレコ情報管理本部の本部長を務めさせていただいております、有村直人(アリムラナオト)と申します。

日曜日の朝、スマートフォンをチェックして最初に目に入ったニュースが「ガリレオ安楽死処分」というもの。思わず声が漏れ出てしまいました。
ガリレオについて今さら詳しい説明は不要でしょうが、この件を伝える記事の見出しに踊っていたのは「欧州の大種牡馬」という言葉。英愛で12度のリーディングサイアーに輝いていることを考えれば当然のことですが、私の中では競走馬時代の方が印象深く記憶に残っていますね。引退後にはなかなか姿を見ることがないということも理由のひとつにはなりますが、無敗で英愛ダービーとキングジョージを制していることは、今となっては忘れられがちですよね。ファンタスティックライトとの対決はいまだに忘れられませんよ。血統も競走成績も種牡馬成績も超がつくほど優秀という、改めて凄い馬でしたね。

ガリレオ産駒は世界中のビッグレースで活躍しており、これまでに史上最多となる92頭のGI馬を輩出とのことですが、日本のGIを勝った馬は出ていないんですよね。意外な気もしますが、現在の日本の馬場を考えれば致し方ない気もします。先週レコード連発となった小倉の芝も、関係者曰く「硬すぎるわけじゃない」という話です。それなのにとんでもないタイムが出ていましたからね。世界的にみても特殊な馬場であることは間違いないでしょう。

今週はまず、そのレコードタイムが更新されたばかりの小倉芝1200mが舞台の一戦から。

担当[エージェント情報部]
7月10日(土)
小倉7R「3歳未勝利」
1着△10 テイエムエメラルド(4番人気)
2着○11 メイショウイジゲン(3番人気)
3着◎4 ウォーターイグアス(1番人気)
3連複3440円的中!

良馬場発表も、雨の影響が残る馬場ということもあって[1:08.0]という時計。1着から8着が0.2秒差以内というかなりの接戦となりましたが、本命馬はしっかりと役目を果たす3着を確保し、3連複3440円という配当をお届けしました。

このように芝が落ち着いたかと思えば、今週の小倉はダートでレコードが連発。土曜日に1700mでコースレコード、1000mではJRAレコードが飛び出し、日曜日もオフレコセレクションにて提供のあった重賞「プロキオンステークス」がレコード決着となりました。

担当[エージェント情報部]
7月11日(日)
小倉11R「プロキオンステークス」
1着 3 メイショウカズサ(9番人気)
2着 6 トップウイナー(14番人気)
3着△16 メイショウウズマサ(12番人気)
不的中

前日のコースレコードをさらに更新する[1:40.9]は、JRAレコードタイともなるタイム。しかも[9番人気-14番人気-12番人気]という大荒れとも言うべき結果ですが、今の特殊な馬場状態が事前にわかっていた以上、このような展開も十分に想定できたはず。そのうえでこのレースが選択されたこと自体に、そもそもの問題を感じてしまいます。レース選定という点も含め、この結果は真摯に受け止めなくてはならないでしょう。

◇流出ルート『捏造報道インサイダー』
7月11日(日)
福島11R「七夕賞」[潜伏黙殺]
1着△4 トーラスジェミニ(2番人気)
2着△2 ロザムール(7番人気)
3着△6 ショウナンバルディ(9番人気)
不的中

同じく今週開催の重賞として注目度の高かった「七夕賞」。こちらは【潜伏黙殺】に指定された一戦でしたが痛恨の不的中。単勝5番人気のワーケアが本命に抜擢されたレースでしたが、同馬が直線に向いた瞬間に左右から挟まれ進路がなくなる場面があり、不完全燃焼という感が否めない結果に終わりました。

このように、日曜日のオフレコセレクションには重賞2鞍がラインアップされ人気を集めていましたが、同じく2鞍提供された新馬戦も相変わらずの人気ぶり。特に今週はセレクトセール直前ということも影響していたのかも知れませんね。

担当[シンジケート部]
7月11日(日)
函館5R「2歳新馬」
1着△2 エクラノーブル(7番人気)
2着◎11 アスクワイルドモア(2番人気)
3着○4 ヒシアラカン(1番人気)
3連複3350円的中!

この一戦で本命に指定されたのはキズナ産駒のアスクワイルドモア。同馬も危なげない内容で2着入線を果たしましたが、凄かったのは単勝7番人気の同じくキズナ産駒というエクラノーブル。減量騎手という利点も活かし5馬身差の圧勝と、見事な逃げ切り勝ちをみせました。シンジケート部もそのあたりはしっかりと押さえており、3連複3350円というまずまずの配当をお届け。セレクトセールに向け、価値のある的中だったと言えるでしょう。

そのセレクトセールはついに明日、明後日と開催が差し迫っていますね。日本競馬界の一大イベントですから、注目必至です。そのセール直後の開催となる来週の競馬も、もちろん相応のオフレコ情報が盛りだくさん!
3場開催も来週で終了となりますが、函館開催はさらに翌週以降も続き、福島と小倉は一旦お休みとなるため、そのあたりの微妙な違いも注意したいところ。さらに今年初めてのJRA2歳重賞「函館2歳ステークス」を含む3重賞開催と、来週も見どころ十分!
今後の[オフレコセレクション]に、皆様ぜひ引き続きご注目ください!


それでは本日の回顧は以上とさせていただきます。